CentOsにjavaをインストール!

久々のVPS関連記事! appleから売上データをphpをとってこようとしたら、実はサーバーにjavaが入っていなくて apple側が出してくれてるスクリプトが使えなかったので入れてみました!

ダウンロード&インストール

ダンロード方法は色いろあるみたいですが、コマンドラインだけで完結させることのできるwgetを使いました

1
wget http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/6u29-b11/jdk-6u29-linux-x64-rpm.bin

実行するために+x属性をつけて実行→暫く待つ。 sudoが書いていない記事も合ったけど、自分の環境ではsudoが必要でした。

1
chmod +x jdk-6u29-linux-x64-rpm.bin sudo ./jdk-6u29-linux-x64-rpm.bin

環境変数の設定

viで/etc/profileを開いて、一番下に追加する

1
JAVA_HOME=/usr/java/default export JAVA_HOME export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

書いた環境変数を適用する

1
source /etc/profile

インストール確認

確認にはwhichやjava –versionをお好みで。

1
which java 出力結果: /usr/java/default/bin/java

1
java -version 出力結果: java version "1.6.0_29" Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_29-b11) Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.4-b02, mixed mode)