独自ドメインメールの手法比較

独自ドメインでメールを受信する方法はいくつかあります。自分が知っているのは

  • GoogleApps(無料版)を使う
  • 独自サーバー+Sendmailで送受信する
  • 独自サーバー+Sendmailで他のメールアカウント(Gmailなど)にメールを転送する

の3パターンです。 それぞれメリットデメリットがありますのでまとめてみました。

GoogleApps
(無料版)

独自サーバー
+Sendmail

独自サーバー
+Sendmail
+Gmail

安定性


安心のgoogle


独自サーバーが
落ちると使えない


独自サーバーが
落ちると使えない

容量


gmailと同じ7GB


独自サーバーに依存


gmailと同じ7GB

アカウント数
(アドレス数)


10個まで


無限


無限

メンテナンス


googleがやってくれる

×
自分でメンテナンス


一部自分でメンテナンス

お金


無料(有料版もある)


サーバー代がかかる


サーバー代がかかる

この比較だとGoogleAppsが結構強いですね。 10アカウントで十分という人にはとてもいいのではないでしょうか。 自分は

  • 10アカウントでは足りない(メーリス用のアドレスも後々作る予定だから)
  • もともとVPSを借りている
  • サクラのVPSはgoogleと同じぐらい安定している(と思っている)
  • sendMailを勉強してみたい
  • VPSの容量は10Gしかないのであまり容量を使いたくない

ということより独自サーバー+Sendmail+Gmailで独自ドメインメールを作ることにしました。 VPSサーバーを借りている人は独自サーバー+Sendmail+Gmailでのデメリットがほとんど消えるのでお勧めです。 次回具体的にどのように設定したか紹介したいと思います。